過払い金請求とは

払い過ぎたお金を取り戻し、暮らしにゆとりを生み出す支援をします。

こんなことでお困りの方へ こんなことでお困りの方へ▶
  • 返済は終わったが、払い過ぎたお金があると思う
  • 払い過ぎたお金があるかどうか、よくわからない
  • 返済中だが、払い過ぎているのではないかと不安

過払い金請求ってなに?

過払い金とは、簡単に言えば貸金業者に払いすぎたお金のことです。

法律上、お金を貸す際の利率が以下のように定められており、
この利率を超えた利息の支払いは法律上無効となります。

この利息を超えたら、支払いは無効
この利息を超えたら、支払いは無効
元本額 上限利率
30万円未満 年 20%
30万円以上100万円未満 年18%
100万円以上 年 15%

無効となった部分は元本に充当されるため、その分だけ元本を減らすことができます。
その結果、元本が完済され、それ以上に支払われた金銭が「過払い金」と呼ばれています。

金利には「グレーゾーン」があった!

過払い金が発生するのは「利息制限法」「出資法」という2つの法律が存在しているためです。
この2つの法律では、それぞれにお金を貸す際の利率の上限が定められています。
しかし、それを超えた場合の刑事罰には違いがあったのです。

「出資法」の上限利率を超えてお金を貸した場合、貸金業者は刑事罰が課せられるのですが、
2010年6月まで、「利息制限法」の利率を越えただけでは罰せられることはありませんでした。
そのため、多くの貸金業者が利息制限法の上限利率は越えるものの、出資法の上限利率を超さない利率で貸付を行っていました。

このような、利息制限法と出資法の間の利率を「グレーゾーン金利」と呼びます。
グレーゾーン金利は罰せられることはありませんが、利息制限法の上限利率は超えているため、
その超過部分が過払い金となるわけです。

この金利で貸していた業者が多い!この金利で貸していた業者が多い!

2010年6月までは、年29.2%(出資法の上限)に届かない金利であれば罰せられなかったため、貸金業者の多くがこの金利で貸し付けていました。そのため、この時期に借金をした場合、過払い金が発生している可能性が高くなります。刑事罰による規制がなかった刑事罰による規制があった。