弁護士と司法書士って、どう違う?

法改正により、法務大臣の認定を受けた司法書士、いわゆる認定司法書士であれば、一定の条件のもと、裁判業務の代理人になれるようになりました。
そして、その条件というのが「請求額が140万円以下」・「簡易裁判所での裁判」というものです。

この2つの条件を満たしていれば、弁護士と同様に、認定司法書士がご依頼者様の代理人となることができます。
そのため、過払い金が140万円以下であれば、認定司法書士が貸金業者との連絡・交渉や裁判手続きをご依頼者様に代わって行うことができます。
司法書士法人イストワールに所属している司法書士は、もちろん法務大臣の認定を受けた認定司法書士ですので、ご依頼者様を全力でバックアップさせていただきます。

過払い金が140万円を超えた場合
過払い金の額が140万円を超えると、認定司法書士であってもご依頼者様の代理人となることはできなくなります。
ただし、書類の作成や受理を当事務所が行うことはできますので、ご依頼者様をサポートすることは可能です。

 

  過払い金が140万円以下 過払い金が140万円を超える
弁護士 代理権有り
司法書士 代理権有り 代理権無し