ライフカード

多くの実績・ノウハウがあるイストワールでは、業者毎にしっかりとご対応致します。

イストワールの実績

ライフカードの過払い請求の特徴

かつてライフの子会社でしたが、現在はアイフルの子会社となっております。アイフルの経営不振から、ライフカード自体も経営状況は芳しくない状態です。

経営不振のため、ライフカードが提示する過払い金返還の提案額は年々下がっており、現在では3~4割程度となっています。ライフカードへの過払い金を検討している方は早急にお手続きをおすすめします。

過払い金を多く回収するにためには裁判をする必要があります。ただし、長期化する傾向にあり倒産のリスクも高まります。

裁判をして回収するかどうかは御依頼者様のご希望に沿う形で、手続きを行っております。

※返還率とは過払い金の発生金額に対する業者から実際に戻ってくる過払金の割合であり、ご依頼者様へのご返金はこの回収金から報酬を差し引いた後の金額となります。

ライフカードの現状

事業再生ADRを申請し認可された、ライフ(旧ライフ)と親会社のアイフルは、両者(アイフルグループ)間で事業再編を実施し、旧ライフのクレジット事業をライフカードへ移管致しました。

親会社のアイフルの影響力が強く、資金についてもアイフルの管理下にあります。

イストワールの姿勢

経営状態が悪いため、過払い金については、3~4割相当の提案額にて減額を要求してきます。裁判をして確定判決を得れば満額の回収が可能ですが、ご依頼者様の多くは手続きの長期化、倒産リスクの懸念から裁判をしないでの和解を希望されます。早期の回収を目指すか、裁判をして高額の回収を目指すかどうかは御依頼者様のご希望に沿う形で、手続きを行っております。

回収の流れ

  各ステップの内容 所要日数の目安 日付
step1 受任通知発送 即日~3日以内 1月1日
step2 履歴開示 約2ヶ月 3月1日
step3 引き直し計算
例:過払い金50万円発生
即日から2週間 3月14日
step4 ライフカードと交渉及び和解 約2ヶ月 5月14日
step5 過払い金返還
ライフカードから過払い金
25万円弊事務所に返還
約2ヶ月 7月31日
step6

ご依頼者様に返還費用を
差し引いてご依頼者様に返還

約2週間以内 8月14日
  • ※上記表の日付は1月1日にご依頼を受け、40%程度の返還率で和解した場合を想定しています。
  • ※上記日数は目安となる数値です。日数を保証するものではございません。

注意点

 

会社概要

企業名 ライフカード株式会社
URL http://www.lifecard.co.jp/
ブランド ライフカード
本社所在地 神奈川県横浜市青葉区荏田西1-3-20
資本金 1億円
設立日 2010年7月29日
合併日 2011年7月1日(アイフルの子会社化)
貸金業者
登録番号
関東財務局長(2)第01481号
日本貸金業協会会員 第005681号
関連 アイフル株式会社