セディナ

多くの実績・ノウハウがあるイストワールでは、業者毎にしっかりとご対応致します。

イストワールの実績

セディナの過払い請求の特徴 

利用者の多くは旧OMCカード(ダイエーで作ったクレジットカード)の利用者です。

裁判をしなくても発生した過払い金元金(セディナが計算した金額)の100%に近い返還額を取り戻すことができます。

イストワールとセディナで過払い金の計算金額に差がある場合は裁判をすることがありますが、その場合でも早期に解決できることが多いです。

過払い金の返還時期は平均で和解してから4~6ヶ月ほどですが、裁判をした場合、3~4ヶ月と少し早くなります。

※返還率とは過払い金の発生金額に対する業者から実際に戻ってくる過払金の割合であり、ご依頼者様へのご返金はこの回収金から報酬を差し引いた後の金額となります。

セディナの現状

OMC(オーエムシー)カード、セントラルファイナンス、クオークの3社が合併したことによって2009年に発足した会社です。OMCカードは以前はスーパーマーケット大手のダイエーの傘下にあり、ダイエー時代にカードを作った人はOMCカードのクレジットカードになることからセディナを利用している人の多くは、旧OMCカードの利用者になります。

現在は、ダイエーは親会社ではなくなりましたが、三井住友フィナンシャルグループの傘下に位置し経営状態も良好です。よって倒産リスクも低いと言えます。過払い金請求に対しては誠実に対応してくれる会社であり、返金率も90~100%と高い傾向にあります。

イストワールの姿勢

通常は裁判をせずに任意の交渉で満額の回収を目指します。但し、裁判をして回収した方が過払い金の回収金額のUPが見込まれる場合(イストワールの過払い金計算金額とセディナの過払い金計算金額の差が大きい場合等)は、ご依頼者様のご希望に沿って少しでも多くの過払い金を取り戻すため裁判による回収も行います。

回収の流れ

  各ステップの内容 所要日数の目安 日付
step1 受任通知発送 即日~3日以内 1月1日
step2 履歴開示 約2ヶ月 3月1日
step3 引き直し計算
例:過払い金50万円発生
即日から約2週間 3月14日
step4 セディナと交渉及び和解 約2ヶ月 5月14日
step5 過払い金返還
セディナから過払い金
47.5万円弊事務所に返還
約4ヶ月 9月30日
step6

ご依頼者様に返還費用を
差し引いてご依頼者様に返還

約2週間以内 10月14日
  • ※上記表の日付は1月1日にご依頼を受け、95%程度の返還率で和解した場合を想定しています。
  • ※上記日数は目安となる数値です。日数を保証するものではございません。

注意点

  1. 過払金返還請求・任意整理をすることにより、セディナのカードが利用できなくなります。そのため、公共料金等の支払いをしている場合は、支払方法の変更が必要です。
  2. ショッピングの利用がある場合は、過払い金と相殺されます。

会社概要

企業名 株式会社セディナ
URL http://www.cedyna.co.jp/index_pc.html
ブランド -
本社所在地 名古屋市中区丸の内三丁目23番20号
資本金 82,843百万円
設立日 2009年4月1日に株式会社オーエムシーカード、株式会社セントラルファイナンス、株式会社クオークの3社がオーエムシーカードを存続会社として発足
登録番号 東海財務局長(11)第00166号
日本貸金業協会会員 第000007号
関連 オーエムシーカード(OMCカード)
セントラルファイナンス
クオーク
ダイエー