過払い金にも「時効」がある!?

テレビのニュースなどで、過去の犯罪の時効が成立した、という話をお聞きになったことがあるでしょう。過払い金にもこれと同じように、「時効」というものが存在します。その期間は、取引が終了してから10年となっています。この期間を経過してしまうと、たとえ過払い金が発生していたとしても、これを取り戻すことができません。

ただし、取引が終了してから10年が経過する前に過払い金を請求すれば、時効の成立を防ぐことができます。
また、時効が成立していなくても、貸金業者が破綻してしまうと過払い金を請求することができなくなります。

過払い金請求の増加により、多くの貸金業者の経営は厳しくなり、破綻してしまうところが増えています。また、破綻していなくても、過払い金を返してくれる割合が下がってきているところは数多くあります。取引が終了して長い期間が経過している方はもちろん、取引が終了したばかりの方もお早めにご相談ください!

時効は10年。時効の中断の手続きなどもできる場合があります。