ブラックリストとは

「ブラックリスト」って、どんな名簿?

ブラックリストとは、民間の信用情報機関が集めた、個人の「信用情報」の「俗称」です。
実際に「ブラックリスト」と呼ばれる名簿のようなものがあるわけではありません。

誰が、どんな情報を集めてるの?

以下のような機関が、個人の「経済的な信用を表す情報」を集めています。

・全国銀行個人信用情報センター(主に銀行・信金系の団体が加盟しています)
・株式会社日本信用情報機構(主に消費者金融系の団体が加盟しています)
・株式会社シー・アイ・シー(主に信販・クレジットカード系の団体が加盟しています)

支払いの遅滞や破産、弁護士・司法書士による介入などの情報が「事故情報」としてここに 登録されます。これを、一般的に「ブラックリストに載る」というのです。

過払い金を請求したら、ブラックリストに載る?

原則、過払い金を請求しても事故情報とは扱われないので、ブラックリストには載りません。
しかし、結果的に借金が残ってしまった場合は信用情報機関に登録されてしまいます。
信用情報機関に登録されるケースとされないケースを分けると、以下のようになります。

借金が残っているかどうかで、ブラックリストに載るかどうかが決まります。 ご心配の方は、ご自分で取引履歴を取り寄せることをおすすめします。

   ブラックリストに載るとどうなる?

事故情報が登録されると、債務の返済能力に問題があると評価されてしまい、与信審査に通り にくくなってしまいます。そのため、新しくクレジットカードを作ることや、ローンを組むことができなくなります。

ただし、信用情報機関が事故情報を保存する期間はおおよそ5~7年とされています。
そのため、
事故情報の保存期間が経過すれば再びクレジットカードを作ったり、
ローンを組んだりできるようになる可能性はあります。

絶対にブラックリストに載りたくない! 

絶対にブラックリストに載りたくない、という場合は

  1. すべての借金を完済してから、過払い金を請求する。
  2. 借金が残っている場合は、まずは引き直し計算を行い、過払金が現在の借金の額を上回っていることを確認する (この場合は、借金があるのでブラックリストに載っていますが、過払い金請求の手続きをした時点で削除されます)

以上2つのうち、いずれかの要件を満たしている必要があります。

※過払い金が現在の借金の額を上回っているかどうかは、業者が開示した取引履歴をもとに確認します。 計算は無料ですのでお気軽にご相談ください。