債務整理とは

債務整理ってなに?

債務整理とは、弁護士・司法書士などの専門家や裁判所を通して借金問題を解決する手続きで、
主に4つの方法があります。

どの手続にもメリット・デメリットがあるため、借金の額、収入状況、不動産の有無など
さまざまな事情を考慮したうえで、どの手続きを採るのか決める必要があります。
当事務所では、ご依頼者様と相談したうえで、最適な手続きをご提案いたします。

債務整理の主な4つの方法

▼債務整理の基礎知識

債務整理とは字のごとく「債務」を「整理」することです。つまり、借金をゼロにしたり、減額等するために債務者と債権者が話し合い等を設けて借金を整理整頓します。この債務整理方法は大きく「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4つがあります。

任意整理

「任意整理」は借金の減額や今後の利息のカットを行います。また、返済金額が過払いの状態の場合は、過払い金の返済の請求を行います。この任意整理は裁判所を通し法的な対応をせず、司法書士や弁護士が債務者の代理になって債権者と交渉します。無理のない返済計画をたて、今後の生活を楽にすることが主な目的です。司法書士や弁護士が間に入りますので、債権者から嫌がらせを受けたりすることもありませんし、交渉を司法書士・弁護士が代わりに行いますので負担が少なくなります。

特定調停

「特定調停」は裁判所を介して債務者と債権者の借金契約話し合い、解決する方法です。特定調停では、「過払い金」の返還請求はできないため、別途請求する必要があります。手続きの際に発生する費用を抑えるために、債務者本人が手続きを進めることは可能ですが、平日に裁判所へ出向く必要がありますし、司法書士や弁護士を介さないための精神的負担が発生する可能性があります。イストワールでは「特定調停」のお手伝いを親身に行い、肉体的・精神的を軽減致します。

個人再生

「個人再生」は「持ち家をそのままで、他の借金の整理できる」方法です。つまり、「任意整理」や「特定調停」の手続きを行っても返済が難しく、しかし「自己破産」は避けたいという場合に「個人再生」を行います。もっと簡単に言うと「住宅ローン」以外の借金を整理する方法です。個人再生は裁判所を介し行います。債務者本人が手続きをすることは可能ではありますが、手続きが煩雑で時間がかかりますので、司法書士や弁護士に代行してもらうのが良いでしょう。

自己破産

「自己破産」は借金をゼロにする方法です。経済的に破たんをし、借金を返すことができなくなった場合に、裁判所を介し手続きを行います。借金が多すぎて、借金を返すこともできず、生活が非常に苦しい場合に自己破産が適しています。イストワールの事務所は津田沼、秋葉原、千葉、新越谷・南越谷、川崎、宇都宮、高崎、新潟、富山、金沢に設けておりますし、全国出張も行っております。 地域密着の司法書士が親身にご対応致します。