任意整理

裁判所を通さず和解する「任意整理」

弁護士・司法書士が代理人となって、裁判所を通さず債権者と交渉し、借金の減額や今後の利息のカット、過払い金が発生した場合はその返還を請求する手続きです。自己破産とは異なり、借金を免除してもらえるということではありません。しかし、無理のない返済計画にすることで、今の暮らしを建て直すことができます。また、一番大きなメリットは、過払い金が発生した場合に借金が大幅に減ったり、お金が戻ってくる可能性があるという点です。

業者から嫌がらせを受けて怖い思いをすることはございません。 ご心配な方はぜひ一度ご相談ください

メリット
  • 弁護士・司法書士が介入することにより、業者からの請求が止まる。
  • 自己破産とは違い、一定の職業に一時的に就けなくなるなどの資格制限が存在しない。
  • 一部の債権者を除外できるため、「保証人に迷惑をかけたくない」「ローンで買った自動車を手放したくない」というような場合は、それらの借金はこれまでどおり支払いを続け、他の借金について任意整理するという柔軟な対応も可能。
  • 過払い金が発生した場合は、これを請求できる。
  • ※以下で説明する「特定調停」では、過払い金の回収は行われません。
デメリット
  • ブラックリストに載ってしまうため、クレジットカードやローンの利用が制限されてしまう。(過払い金が発生して借金がなくなった場合はブラックリストから消されます)
  • 裁判所が関与しないため、法的な強制力がない。

もっと詳しく知りたい方はこちら「任意整理の手続き」

債務整理の主な4つの方法